自己紹介


若い時から、料理が大好きです。そのため、まずコックの仕事を勉強しました。同時に、日本に大きな興味ができました。
でも、言葉などを自分で習うことはちょっと難しかったので、コックの仕事を諦めて、ベルリンのフンボルト・大学に入学して、日本学科で勉強を始めました。東京の立教大学で留学の一年間、長野県の山々にある食文化を研究してから、「信州料理」という修士論文を作成しました。

色々な旅行で沖縄県の美しさをみてから、その島々の文化に興味を持ってきて、今現在琉球列島の食文化などについて研究します。


お知らせ:
残念ながら、テキストを日本語に翻訳するために時間が足りないので、watarigani.deの内容はほとんどはドイツ語だけです。少しずつ、日本語のテキストが増えるように頑張りましょう。
申し訳ございません。